株とFXで生活する個人投資家の日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120305 株式
今日の大きな材料は、中国の全人代で目標成長率を8%から7.5%に引き下げとの報道でしょうか。
株はともかく、FXはちょっと相場観変えなきゃだめかと感じたニュースでした。特に豪ドル。

今日も午前中は上げましたが、結局、陰線引いて終了。日経平均で9850円はやはり重そうな水準です。

今日はサマンサタバサを結局買ってしまいました。ちょっと早まったような気もしています。

欧州関連で気にしているのは、ギリシャのCDS問題。ISDAはクレジットイベントではないと判定しましたが、まだはっきりと決着していないようですし、これがクレジットイベントでなければ、CDSなんて今後売れないんじゃないでしょうか。特にソブリンについては。

発動しないほうが足元の相場にはいいんでしょうが、長い目で見れば、ヘッジ手段がないので欧州国債が売れにくくなる要因になると思います。


○現在のポジション

野村HD S 5000@375 +10000
九州電力 S 3000@1191から1220 ▲70000
サマンサタバサ L 15@54957 ▲11000

九州電力はロスカットラインにかかりそうだったのでちょっと焦りました。

REITもいい感じで調整してきているので、もうちょっと下げたら再度参戦予定。

先週の株式運用と今週
先週は持っていたショートポジションの日本郵船、ソニーをほぼ収支とんとんで撤退し、九州電力と野村証券は売り増しをして持ち越しています。

郵船、ソニーから撤退した理由は、FXをしていて、思っていたよりも円が弱いと感じたからです。そのため外需セクターはまだ売りにまわるのは早いかもしれないと考えて撤退しました。

全体の相場観はとりあえず調整するだろうと考えています。日経平均の2日連続上髭陰線、その際の大きな出来高(つまり高値づかみが多いだろうということ)は天井圏の動きだろうと思います。高値を抜ける要因があるとすれば、さらに円安が進むことでしょうか。

国内の金融機関や年金も利益確定をしているようです。天井圏のサインについては、個人の信用取引含み損益率が近年で最も良好なレベルであるとか、騰落レシオ120%超が何日も続いているとかいろいろと指摘されています。ここから上昇していって、震災1周年までに日経平均10000円回復というシナリオは美しいですが、無理に買いで入る局面ではないだろうと考えています。

欧州問題はとりあえず一息ついたようですが、今朝の日経新聞では、EU首脳会議において、スペインが公約よりもGDPに対する財政赤字比率が大きくなりそうだとスペインの首相が表明したことと、先日のG20でIMFの資金増強の前に欧州内の金融安全網の充実を他の国々から求められているにも関わらず、ドイツのメルケル首相がドイツからのこれ以上の資金拠出を拒んだことが報じられています。前者はPIIGSについての不信感の再燃の兆しであり、後者は欧州は一枚岩ではないのではないかという懸念です。欧州情勢もまたきなくさくなるのではないかと考えています。昨日はこれらを嫌気してユーロがドルに対して売られたようです。

○保有ポジション

9508 九州電力 S 3000株@1191から1220円 時価 1231円 ▲76000
ロスカットラインは直近高値の1250円を上抜け

売りの根拠は、発電コストに影響する円安トレンドと原油価格上昇はまだ続くと考えてです。原発再稼働はまだ先でしょうし、燃料コストの価格転嫁も早くて3カ月後だと聞いています。また、中部電力が先日上方修正していますが、その時の理由が円高のため燃料コストが下がったことによるものであり、その時の計算レートが1ドル78円ですが、現在だいたい81円です。その上方修正発表時よりも原油価格は上昇しているので、このペースが続けば、上方修正の取り消しということになりやしないかと考えています。同じビジネスをやっている九州電力も事情は同じでしょう。先日関西電力の大赤字が報じられましたが、その要因は発電コストである燃料高です。

株価が上昇する材料は、仮に配当が昨年と同じ60円を維持するとすれば、時価で配当利回りが5%弱あり、3月末の配当取りに向けてさらに株価が上がってくる可能性を考えています。トレンドも上昇トレンドなので、テクニカル的には空売りなどもってのほかという銘柄ではあります。

8604 野村   S 5000株@375 時価378円 ▲15000
ロスカットラインは直近高値390円上抜け

相場が好調な時は最初に買われるのが証券セクターですが、悪くなると真っ先に売られがちになるのも証券株だと考えています。全体の相場観を若干の調整と見ているので、それにのっとった売買行動です。

ロスカットの目安も先日の高値とわかりやすいので空売りを入れています。

○注目している銘柄

・REIT全体
・サマンサタバサ

私はREITが大好きなのですが、REITの押し目を狙っています。株と連動するのかしないのか判断がつきかねるところです。まだ買っていい水準だと思いますが、株は調整すると考えているのでとりあえず押し目待ちスタンスでいいのではないかと考えています。

サマンサタバサは、若い女性に人気のバッグを企画販売している会社ですが、社長のスキャンダルで大きく売られているようです。本業は特に問題がないようなので買い目線でしばらく観察します。

マザーズ銘柄であり、ブランド作りに関する社長の手腕が非常に大きな影響があるようですので、社長こけたら会社もこけるというような懸念がなくもありません。ニュースを注視しつつ、下値で大陽線出現とか、下ひげ陽線になるとか、チャート的に明確なサインがでてから買いを考えようかと思っています。

2012年3月1日 株式

今日の日経平均は午前中上昇、後場は昨日と同じように下げ、結局前日比マイナス。
値下がり銘柄数が1000銘柄を超えていることから、値段以上に下げていると感じました。

チャート的には2日連続で上髭陰線、騰落レシオも買われすぎの120%水準を超えていることから目先の天井をうったと判断しています。ただし、日米欧の金融緩和から中期ではまだ上がると考えています。

2月は日銀の緩和のニュースの翌日にJ-REITのうちジャパンエクセレント投資法人とプレミアの2銘柄を買い、20%以上の利益率をとれたので、とりあえずおととい利益確定しており、マーケットの過熱感がとれたら再参戦の予定で、とりあえずは様子見です。ちょっと短期間で急激に上がりすぎと思っています。まだまだ上がるとは思います。

現在のポジションはすべてショートポジションで

8604 野村 2000株@379、1000株@370 

短期で上昇しすぎで、市場の動向と感応度が高い証券株の特性から調整過程では指数以上に下げることを期待して
昨日と今日に空売りしました。ロスカットは直近高値390円を上抜けしたらロスカット

9101 日本郵船 2000@244、3000@243

先週日曜日の日経新聞で、世界的に船が大量に供給されてしまっており、韓国勢の台頭もあって非常に厳しい事業環境にあることが報じられているのを読んだことと、おとといの高値254円で天井を打ったと判断したため。

ロスカットは254円上抜けでロスカットします。

9508 九州電力 3000@1191から1220

中部電力も空売りしていたのですが、売り残が多くて売り長になっていることから今日微益で撤退し、九州電力を代わりに空売りしています。円安と原油高は当面続くトレンドだと考えており、原発が動くメドがたたない電力会社はいずれ下方修正してくると考えてです。九州電力は当面の高値1250円がロスカットとなっても他の電力会社との比較で、相対的に痛くない価格だったので空売りしました。




Copyright © 株とFXの運用二毛作. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。